法被

はっぴを着る際の襟の合わせは右前?左前?

太鼓

はっぴのイメージと言えば間違いなくお祭り」となる訳ですが、現在は地域や企業が企画するイベントの場で、主催者や参加する各団体でお揃いの物を作って着ているのも多く見掛けます。非日常的な着物でもあり、雰囲気を盛り上げるのに打ってつけなはっぴではあるのですが、いざ着る際に「襟は右前?左前?」と疑問を抱かれるケースも多々あるようです。普段着ている洋服はどうでしょう?男性なら右前、女性なら左前の物が多いですよね。なので、そのまま当て嵌めて着てしまっている方も見掛けるのですが、残念ながらそれは間違いです。
洋服にはメンズとレディースと区別する考え方があり、襟の合わせ方にも違いがあるものなのですが、和服にはそのような違いがありません。当然男性用の着物、女性用の着物は全く作りも違うものですが、着物という括りが同じなので襟の合わせ方も男女で違うことはなく、皆右前で着るものなのです。はっぴはどうでしょう?はっぴも着物と一緒で和服の1つになりますから、そのままの考え方で男女ともに襟は「右前」で着るものなのです。
しかしここで勘違いしやすいのが、この「右前」という呼び方かもしれません。右前とは言っても右襟が上に来る形ではないです。「何だか分かりにくい表現だな」と思われる方も少なくないと思いますが、分かりやすく言い換えるなら「右襟から先に羽織る」という順番だと考えてもらえれば良いと思います。右襟を先に中へ入れて、後から左襟を合わせる着方を「右前」と言います。はっぴを着る際にもしも分からなくなってしまったら、男女ともに「洋服の男性の襟の合わせと一緒」と思い出してもらえれば良いと思います。

イチオシ

おそろいのはっぴでお祭りもテンションアップ

青い法被

法被(はっぴ)は夏祭りや催事などで着られる日本の伝統衣装です。職人が作業する際の作業着もはっぴを用いられることもあり、醤油や酒の蔵…

もっと読む

子どもたちのはっぴ

赤い法被

昔から行われている祭りは伝統行事であると共に日本人にとってとても大事なイベントであると言えます。子どもがいる方はこうした祭りに積極…

もっと読む

運動会や体育祭ではっぴを着ると盛り上がるワケとは

うちわと水風船

学校の運動会や体育祭で応援団が着るものと言えば、間違いなくはっぴが1番人気です。何だか勇ましい凛々しい日本人の象徴の様なイメージが…

もっと読む

はっぴを着る際の襟の合わせは右前?左前?

太鼓

はっぴのイメージと言えば間違いなくお祭り」となる訳ですが、現在は地域や企業が企画するイベントの場で、主催者や参加する各団体でお揃い…

もっと読む